速度

光回線速度の目安はどのくらい?上りと下りのどっちが大事なの?

更新日:

光回線の速度の表示には、上りと下りの値が書かれていますね。

光回線の速度値の見方に慣れていない人は、「上り?下り?」と首をかしげてしまうことでしょう。

また、上りと下りのどちらを重要視すべきなのかも分からずに光回線の速度を見ていても、最適な光回線業者選びは難しいですね。

今回は光回線速度の目安や上りと下りについて、詳しくお話しします。

上りと下りってなに?光回線速度の目安はどのくらい?上りと下り・・・どっちを見ればいいの?

光回線の速度表示には「上り」と「下り」がありますね。

上りと下りはそれぞれに役割が違うので、目安になる速度も違います。

分かりやすく言うと、上りはアップロードをするときの速度下りはダウンロードするときの速度です。

上りはアップロードの速度

上りとは、ネット上にデータなどを送信(アップロード)する時の速度です。

例えば、次のような場面で、アップロード作業を行っています。

  • メールの送信
  • InstagramやブログなどのWEBへの写真の投稿
  • SNSやブログなどへの文章の投稿
  • YouTubeへの動画のアップロード
  • LINEやメッセンジャーなどでのメッセージ送信

下りはダウンロードの速度

下りとは、ウェブサイトからパソコンやスマートフォンに写真や文章、動画などのファイルを読み込む作業(ダウンロード)の速度です。

例えば、次のような場面でダウンロード作業を行っています。

  • メールを受信するとき
  • YouTubeで動画を見る時
  • SNSを閲覧するとき
  • 音楽をストリーミング再生で聞くとき
  • 定額制のストリーミング動画を見る時
  • メールなどに添付されたファイルを開くとき
  • ネットゲームをする時

これらの場合は、情報を一度パソコンやスマートフォンなどにダウンロードする必要があるため、下りの速度が重要になってきます。

つまり、光回線の上りと下りの速度で重要視するべきなのは、「下りの速度」です。

なぜなら、ネットを使っている時はアップロードよりもダウンロードをする場面の方が多いからです。

上りの速度よりも、下りの速度が遅い方がネット作業がスムーズにいかず、イライラすることが多くなります。

もちろん、何かを発信したり、ファイルを送信するような作業が多い人は、上りの速度も重要です。

しかし、大半の人は受信する方が多いため、下りの速度の方が重要視されるのです。

 

光回線はどの程度の数値が目安?

どんな場合でも快適に使える光回線速度の目安は10Mbps程度です。

もちろん、10Mbps以上あるに越したことはありませんが、10Mbps程度出ていれば動画もゲームもストレスなく行なえます。

 

光回線の公式サイトなどに記載されている回線速度の数値は、最大が1Gbpsです。

しかし実際には、10Mbps程度、もしくはそれよりももっと低い数値の回線速度しか出ていないことが多いです。

 

プロバイダーの状態や回線の状態によってはそれ以下の速度になることもあり、「光回線なのに遅い!」という口コミが殺到しているというわけなんです。

 

最大速度が出ることはありえない!

いずれにせよ、公式サイトに記載されている1Gbpsまでの速度が出ることは、実際にはありません。

これはフレッツ光の最大1Gbpsだけではなく、最近登場したNURO光の最大2Gbpsにも同じことが言えます。

それは、記載されている数値がベストエフォート値だからです。

 

ベストエフォートとは、記載した回線速度が出るように最大限に努力しますという数値であり、理論上の最大速度でしかありません。

回線の混雑の度合いやプロバイダーのサーバーの状態、周辺機器の環境などが影響して速度はかなり落ちます。

 

そのため、光回線を選ぶ際に重要視しなければいけないのは、公式サイトなどに記載されているベストエフォートの数値ではなく、利用者が口コミなどで公表している実測速度なのです。

 

用途ごとの実測速度の目安

口コミなどで実測速度が速い光回線を選べば快適にネットができますが、利用用途によって実測速度の目安が違ってきます。

光回線の速度や安定性により利用料金が変わることもあるので、回線速度の速さと料金を検討するのがベストです。

利用用途別の実測速度の目安は、次の通りです。

メールやサイト閲覧、インターネット検索が多い

単純にメールやサイトの閲覧インターネット検索ばかり使う場合は、そんなに回線速度が必要ではありません。

一昔前は、サイトなどで画像や動画などがあまり使われていなかったため、100kbps程度あれば十分でした。

 

しかし最近は、画像や動画が使われているサイトが多いため、読み込みに回線速度が必要です。

そのため、最近の回線速度の目安は、3Mbps程度です。

 

LINEやメッセンジャーをよく使う

LINEやメッセンジャーでのテキストやスタンプなどのやり取りであれば、1Mbps以上あれば快適に使えます。

無料通話の場合も通信はあまり使わないので、1Mbpsから5Mbpsの間でかなり快適に使えます。

 

ストリーミング再生で音楽を聴く

定額制の音楽配信アプリからストリーミング再生で音楽を聴く場合は、1Mbps程度の回線速度で十分です。

また、iTunesStoreなどで音楽をダウンロードしてから視聴する場合も、1Mbps程度で大丈夫ですが、ダウンロードに時間をかけたくない場合は、5Mbps程度あった方が良いです。

 

YouTubeやHuluなどの動画を閲覧する

YouTubeの場合は動画の画質にもよりますが、高画質であったとしても、5Mbps程度で快適に閲覧できます。

Huluなどの定額制の動画配信動画閲覧の場合は、3Mbpsから6Mbps程度の回線速度が必要です。

 

オンラインゲームをする

プレステ4やスイッチ、Steam、PCなどでオンラインゲームをする場合に必要な回線速度は5Mbps程度です。

「え、そんな程度でいいの?」と思うかもしれませんが、オンラインゲームをする場合は回線速度ではなくpingのほうが大事になります。

 

逆に言えば回線速度が10Mbpsあったとしても、回線が不安定であれば快適にゲームをするのが難しくなります。

 

<オンラインマルチプレイをするなら大事なのはping応答速度>

オンラインゲームをする時は回線速度の速さだけではなく、pingの速度にも注目するべきです。

オンラインゲームで重要になってくるpingというのは、使っているパソコンやスマートフォンからデータを送信した際にサーバーから応答が帰ってくるまでの時間の速度のことです。

 

この数値が悪いと、FPSなどで相手が瞬間移動したり、当たり判定だと思っても当たっていなかったり、試合が中断されたり、落ちたりします。

回線速度の場合は、数値が大きいほど速度が速いですが、pingの場合は数値が小さいほど応答速度が速くなります。

 

オンラインゲームをする時に必要なpingの数値は10ms以下です。

50ms以上だと快適にプレイするとは言えなくなります。

 

100ms以上になってしまうと、問題外ですね・・・。

今の回線速度をスピードテストでチェックしてみよう!

動画閲覧やゲームプレイの時に、光回線の速度が遅いと感じたら、一度、回線速度を測定してみましょう。

今の回線速度を測定できるおすすめのサイトは、次のとおりです。

 

BNRスピードテスト 回線速度

BNRスピードテスト 回線速度は、上りと下りのそれぞれの速度を簡単に測定することができるサイトです。

Chrome対応でFlash方式により測定でき、Flash未対応のスマートフォンからの場合は、画像読み込み版を使用して測定することができます。

 

「BNRスピードテスト 回線速度」サイト→http://www.musen-lan.com/speed/

 

速度jp

速度jpは、上りと下りの速度だけではなく、pingの速度も測定できるChrome対応のチェッカーです。

測定のときにはスピードメーターのような丸いメーターが出てきて、わかりやすく数値を表示してくれます。

 

「速度jp」サイト→http://www.sokudo.jp/

 

まとめ

光回線を契約するときは、速度の見方やネットを使う用途によって必要な速度の目安、安定性やpingの値にも注目するべきです。

特に、 動画閲覧やオンラインゲームをすることが多い人は、回線速度がとても重要になります。

正しく光回線の速度を見極めて、契約する光回線業者を検討しましょう。

-速度
-, ,

Copyright© 【ぴかりんネット】インターネット光回線比較【速い・安い・安定】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.