NURO

NURO光の対応エリアは?今後拡大予定エリアはどこ?

更新日:

NURO光は、世界最速の光回線だと言われていますが、それは使用している光ファイバーの規格が関係しています。

フレッツ光やauひかりなどで使用されている一般的な光ファイバーの規格ではなく、国際標準規格を使用しているため、世界最速が実現できました。

しかし、それが要因となり、なかなか提供エリアを拡大できていないと言うデメリットもあります。

しかし、提供エリアの拡大が進まないのは、それだけが理由ではありません。

ここでは、NURO光の現在の提供エリアとエリアを拡大できない理由について詳しくお話しします。

 

→NURO光の最新エリアをチェックするならこちら

 

NURO光の現在の対応エリア

2013年にサービスを開始したNURO光は、当初対応エリアは関東エリアのみでした。

2017年11月から、関西や東海地方にも対応エリアが拡大しました。

今現在の対応エリアは、次のとおりです。

 

関東地方

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 茨城県
  • 栃木県

関西地方

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都 NEW(2018年1月)
  • 滋賀 NEW(2018年1月)
  • 奈良

東海地方

  • 愛知 NEW(2018年1月)
  • 静岡 NEW(2018年1月)
  • 岐阜 NEW(2018年1月)
  • 三重 NEW(2018年1月)

これらのエリアの中でもNURO光を使えない地域があり、公式サイトのエリア検索システムで確認できるようになっています。

サービス開始当初は、一戸建てか二階建てまでの集合住宅のみでの使用しか出来ませんでした。

 

しかし現在では、「NURO光」と「NURO光forマンション」の2つのプランがあり、アパートやマンションでも利用が可能となっています。

NURO光では、ワンコインの体験キャンペーンも実施されています。

3カ月間500円で世界最速の光回線を体験できますので、提供エリア内であれば、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

→PS4やSwitchがもらえるキャンペーンはこちら

→NURO 光 今なら30000円キャッシュバックはこちら 

 

 

なぜ全国対応できていないの?

NURO光は、最大2Gbpsの速さが魅力の光回線で、回線もこれまでの構造とは違い、画期的な光回線として注目されています。

キャンペーンで入会するユーザーも増えてきている中で、エリアが拡大されないのは理由があります。

 

まず1つ目は、エリアを拡大する際の設備に膨大な費用がかかることです。

NURO光回線の規格のG-PONの導入に高い技術力が必要なため、エリア拡大とともに費用がかかってしまうのです。

 

そして、2つ目はNTT側の制約が影響していることです。

光回線を届けるための光ファイバーはNTTが所有しており、制約により提供できるのは県内のみとなっています。

そのため、県間などの光ファイバーはNTTのみが提供できるシステムで、エリアの拡大が難しいのです。

この2点によりエリア拡大は難しいのですが、入会ユーザーを増やすことでG-PONの導入にかかる費用を用意できるため、少しずつエリアを拡大していける可能性は高いと思います。

 

エリア拡大に経費がかかる理由

NURO光のエリア拡大に経費がかかるのは、光ファイバーの規格に国際標準規格の「GPON」を採用しているからです。

 

フレッツ光などで一般的な光回線で使用されている規格は「GE-PON」です。

「GE-PON」と「GPON」を比較すると、NURO光の「GPON」の企画の方が高い技術力が必要であり、光回線の通信速度が速くなります。

 

GPONのPONとは?

「GPON」と「GE-PON」に共通しているのは「PON」ですね。

ここで「PON」の詳しい説明をします。

光ファイバーの共有方法には「シングルスター方式」と「パッシブダブルスター方式」があります。

 

<シングルスター方式>

1本の光ファイバーを、直接一軒の家庭に接続する方法です。

しかし、現実的には経費がかかりすぎるので、ほぼありません。

 

<バッシングダブルスター方式>

1本の光ファイバーを複数本に分けて、複数のユーザで共有する方式です。

これが、光回線で一般的に活用されている接続方法です。

一本の光ファイバーを複数本に分けることで、費用が安くなります。

 

そして、「バッシブダブルスター方式」を使用する場合の「PON」には技術が必要であり、光回線の業者によって利用するタイプが違います。

<GEPON>

  • フレッツ光やauひかり道の一般的な光回線業者で利用
  • 最大速度は1.25Gbps
  • 比較的費用が安い

<GPON>

  • NURO光で利用
  • 最大速度は2.48Gbps
  • 技術力が必要なため、費用が高い

このように、2つの「PON」を比較してみると、費用にも違いがありますが、一番の違いは最大速度です。

「GEPON」の最大速度の1.25Gbpsは、家庭内で使っている有線LANケーブルと同じ位の速度です。

ですので、今となれば速いとは言えない速度ですね。

 

比較すると、NURO光で使用している「GPON」はフレッツ光などで使っている「GEPON」より最大速度が2倍以上です。

そのため、一般的な光回線業者では、1G回線までですが、NURO光は2Gまで速度を上げられるのです。

 

そして、NURO光で使っている「GPON」は国際標準規格の為、最近は国内でも販売されるようになりましたが、基本的には海外から購入しています。

また、速度が上がったことにより、技術的にも複雑になっているため、高い技術者と開発期間が必要になります。

そのため、どうしても経費がかかってしまうので、なかなかエリアを拡大できないのです。

 

今後の拡大予定は出てる?

NURO光の今後の拡大予定に関する情報が公開されていませんが、関西と関東地方にエリアを拡大したのは、比較的最近のため、今後のエリア拡大は時間がかかりそうな予感がします。

しかし、関東や関西、東海地方の中では、これまでに対応していなかったエリアが対応し始めたりなど、提供エリア内での拡大の動きがあります。

 

今後、どれくらい新規ユーザーが増えて、エリア拡大のための費用が確保できるかがポイントになりますね。

それもあり、公式や代理店などでは、数々のキャンペーンが実施されており、新規ユーザーの獲得に力が注がれています。

 

おわりに

当初は提供エリアが関東地方だけだったNURO光も、関西、東海地方へと拡大しました。

今後のエリア拡大のスピードは早いとは言えませんが、新規ユーザーが増えるごとにそのスピードは上がる可能性が高いと言えるでしょう。

 

新規ユーザーの獲得のためにも実施されている魅力的なキャンペーンでお得にNURO光を体験してみませんか?

世界最速の光回線の速さを、リーズナブルな料金で体験できる絶好の機会ですよ!

 

→PS4やSwitchがもらえるキャンペーンはこちら

→NURO 光 今なら30000円キャッシュバックはこちら 

 

光回線の速度比較ランキング!一番早いのはここ

光回線を選ぶときに大事なのが速度です。

料金重視で選んで、契約したけど速度が遅いと最悪ですよね!

 

動画やダウンロードが途中で止まってなかなか動かないときのストレスは半端ない!

だから、光回線を契約しよう、乗り換えようと思っている方は必見です!

快適なネット生活を!

 

-NURO
-, ,

Copyright© 【ぴかりんネット】インターネット光回線比較【速い・安い・安定】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.