回線業者

光コラボはデメリットばかり?勧誘に乗らないためのチェックポイント

投稿日:

光コラボ業者の悪質な電話勧誘が増えているようです。

まるで、NTT業者のような話し方で、光コラボのメリットばかりを並べ立てて、うまく勧誘します。

全ての電話勧誘がそうではありませんが、悪質な勧誘に引っかからないように、光コラボのメリットやデメリットを知っておく事が大切です。

ここでは、光コラボのメリット・デメリット、悪質な電話勧誘に引っかからないためのチェックポイントをご紹介します。

 

転用するとデメリットが多い?電話勧誘が多い光コラボの実態

新規契約ではなく転用をすると、意外にデメリットが多い光コラボ。

電話の勧誘では、料金がかなり安くなるように言われますが、必ずしもそうではありません。

ここで、光コラボの実態をお話しします。

光コラボとは?

光コラボとは、簡単に言うと、プロバイダと回線サービスが一本化されたサービスです。

これまで光回線といえば、NTTのフレッツ光と契約し、別で好きなプロバイダと契約していました。

そのため、光回線とプロバイダのサービスが別々なので、利用する時に不便であったり、場合によっては月々の料金が高くなることが多かったのです。

 

光コラボは2015年の2月から始まり、フレッツ光回線の提供を受けた光コラボレーション事業者が、キャンペーンや料金プランを独自に展開していったサービスです。

光回線はフレッツ光のままなので、回線速度や質に違いはないとされていますが、プロバイダの状態によって回線状態も変わります

 

新規と転用の違い

光コラボの契約方法には、新規と転用があります。

新規は、光コラボに初めて契約する方法です。

転用は、今までフレッツ光とプロバイダーを別々に契約していた形から、光コラボへと乗り換える契約方法です。

光コラボを新規契約する場合は、光回線が使える環境を作るための回線工事が必要です。

しかし、転用は、今までにフレッツ光を使っていたため、環境が整ってるので工事は不要です。

ただし、これまで使っていたプロバイダに対して、解約金がかかる恐れがあります。

その他にも、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

 

勧誘に騙されるな!光コラボのデメリットを解説

 

 

光コラボの勧誘では、良いことばかりを並べてくるかもしれません。

しかし、それに騙されて契約すると、かえって損をすることがあります。

ネットで口コミを見ていると、実際に損をして嘆いている人がいます。

光コラボにはメリットもありますが、デメリットもあります。

電話勧誘に騙されないためにも、光コラボのデメリットを押さえておきましょう。

 

料金が安くなるとは限らない

光コラボの電話の勧誘では、これまでの契約から光コラボに転用すると料金がかなり安くなることをアピールしてきます。

しかし、必ずしもそうではないので鵜呑みにしないようにしましょう。

どこの光コラボ業者でも、魅力的なキャンペーンやキャッシュバックを実施しています。

キャンペーンやキャッシュバックによってかなり得をするように思いますが、必ずしもそうではありません。

そこには必ず一定の条件があったり、場合によってはオプションをつけなければいけないケースも出てきます。

それによって、毎月の料金が高くなるケースが多発しています。

また、新規で光コラボを契約する場合、今契約している光回線の工事費の支払いが残っている場合は、一括請求される可能性があります。

 

プロバイダを変更しなければいけないかもしれない

選ぶ光コラボ業者によって扱っているプロバイダーが違うため、今まで使っていたプロバイダーから乗り換えなければいけないケースもあります。

プロバイダーが変わると、メールアドレスやサービス内容が大きく変わります。

それによって、余計に使いにくくなることも、頭に入れておきましょう。

また、今まで契約していたプロバイダーを契約期間内に解約すると、解約金が発生するので要注意です。

 

通信速度が遅くなるかもしれない

光コラボの売りは、「安くて速い」ですね。

しかしそれは、プロバイダーの状態によって変動するため、必ずしも、通信速度が速く快適になるとは限りません。

 

光コラボに変えた途端に、「夜が繋がりにくくなった」「回線が不安定になった」などといった声が多数あります。

これまで使っていたフレッツ光を使用しているのに、通信速度が遅くなるのはプロバイダに問題がある可能性が高いです。

プロバイダーへの接続が混み合っているため、時間帯によって繋がりが悪くなることが多いです。

 

また、ルーターなどの周辺機器が変わることで繋がりが悪くなるケースもあります。

光コラボに変えれば、絶対に「安くて速い」わけではないので、注意しましょう。

 

転用するとフレッツ光には戻れない

光コラボに転用する中で一番大きなデメリットは、フレッツ光に戻れないことです。

正確に言うと、フレッツ光に戻りたい場合は、一度光コラボを解約し新たにフレッツ光を新規契約しなければけません。

その際に、再度、回線工事をしなければいけないので、費用がかかってしまいます。

 

このように、光コラボに転用すると、いくつかのデメリットが発生します。

そこをしっかりと知った上で、検討しましょう。

 

 

料金が安いだけじゃない!意外に多い光コラボのメリット

 

 

光コラボのデメリットをご説明しましたが、もちろんメリットだってあります!

電話の勧誘では「料金が安い」「光回線が速い」という事を言われると思いますが、実は他にもメリットはあるのです。

 

サービスの一本化で支払いや問い合わせがスムーズ

光コラボに転用する前は、フレッツ光とプロバイダーのそれぞれに支払いや問い合わせなどをしていたはずです。

それが一本化されることで、支払いや問い合わせがスムーズになります。

特に、光コラボを利用する上で、トラブルが起こった時に問い合わせがスムーズなのは便利ですよ。

 

月額料金が安くなる

光コラボに転用する時に、キャンペーンやキャッシュバックの内容、解約金などに気をつければ、月額料金は安くなります。

選ぶ光コラボ業者によって違いますが、フレッツ光の東日本の料金に対して、次のような感じで安くなります。

戸建て マンション
フレッツ光(東日本) 5600円 4350円
auひかり 5200円 3800円
NURO光 4743円 1900円〜4743円
so-net光 5200円 4100円
ドコモ光 5200円 4000円
ソフトバンク光 5200円 3800円

このように見てみると、月額が戸建てタイプは400円~900円程、マンションタイプは200円~1000円程安くなります。

 

セット割でスマホや格安SIMが安くなる

今持っているスマートフォンや格安SIMのセット割をやっている光コラボ業者で契約すれば、スマートフォン代もかなり安くなります。

例えば、ソフトバンク光では、ソフトバンクのスマートフォンを対象にスマートフォンの月額料金を最大2000円割引くセット割を実施しています。

ドコモ光では、ドコモのスマートフォンを対象にスマートフォンの月額料金を最大で3500円割引く、太っ腹なセット割を実施しています。

格安SIMでは、OCN光とOCNモバイルONEの組み合わせにより、格安SIMで利用しているスマートフォン料金が安くなります。

ただし、大手キャリアのスマートフォンに比べると、割引金額は安いです。

 

転用は工事費がいらない!

光回線には、フレッツ光を利用した光コラボと、独自の回線を利用したauひかりやNURO光があります。

フレッツ光からauひかりやNURO光に乗り換える場合は、独自の回線を使用することになるので新たに工事が必要です。

しかし、転用の場合は、フレッツ光の光回線を利用するので新たな工事が必要ありません。

ただし、利用回線を100Mbpsから1Gbpsなどと変更する場合は、回線工事が必要となります。

また、転用の場合の違約金などは以下のようになっています。

  • フレッツ光の契約期間内に転用しても、違約金は発生しない。
  • 初期工事費を分割で払っている場合、残りの支払いは光コラボレーション事業者が引き継ぐので一括支払いの心配はない。

契約期間を気にすることなく転用出来るのは良いですね。

ただし、これまで契約していたプロバイダの解約金は発生する可能性があるので、注意が必要です!

 

光コラボが遅い原因はコレ!プロバイダー変更で解決できる?

「せっかく光コラボに転用したのに、回線速度が遅くて使い物にならない・・・・」

そんな声がネットの口コミで多く寄せられています。

「回線速度を解決するためには、プロバイダーを変更すればいいのか?」

そんな問いかけも多いです。

プロバイダーを変更すれば本当に光コラボを速くなるのでしょうか?

 

光コラボはプロバイダで速度が変わる?

光コラボが遅い理由は、やはり第一にプロバイダに問題があることが考えられます。

フレッツ光の光回線を使用しているのに、光コラボに変えた途端に回線速度が遅くなるのは、接続しているプロバイダに混雑が起こっているからです。

利用者が増えるほどに、プロバイダへの接続の混雑は深刻化しています。

特に、時間帯によって繋がりが悪いのは、プロバイダに問題がある可能性が高いです。

 

ただし、マンションで光コラボを使用している場合は、マンションに引いてある光回線が混み合っている可能性が高いです。

フレッツ光も同じですが、マンションタイプの場合は、一つの光回線をマンションの利用者によって共有しているので、利用者が多いほど混み合いやすくなります。

 

光コラボの通信速度の目安

プロバイダーの混み合い具合を知るためには、光コラボ業者のそれぞれの実測を知っておく必要があります。

遅くなる時間帯 平均速度
ソフトバンク光 22時から24時間 100Mbps
ドコモ光 21時から深夜 20Mbpsから100Mbps
OCN光 18時から24時 20Mbpsから100Mbps

このように実測の口コミを見てみると、各光コラボ業者の速度の特徴がわかってきます。

前日の速度実測を公開しているサイトもあるので、口コミと一緒に利用すると便利です。

 

通信速度を調べてみよう!

光コラボの平均実測を見ると、下りが20Mbps~100Mbps辺りです。

現在使用している通信速度を調べてみて、この速度よりも遅い場合はプロバイダーを変えるなどの対策をした方がいいかもしれません。

速度測定ができるサイトは、次のとおりです。

BNRスピードテスト

Chromeに対応した速度測定サイトで、パソコンからもスマホからも使えます。

接続するだけですぐに速度が分かります。

Flash方式を使っていますが、フラッシュ未対応の場合は、画像読み込み版で測定できます。

BNRスピードテスト

 

USEN

Chromeに対応した速度測定サイトで、速度に対する評価コメントが表示されます。

フレッツ光とそれ以外の回線を分けて測定してくれる点も特徴的です。

USEN

speedtest.net

海外の速度測定サイトでChromeに対応しています。

サイトのデザインがかっこよく、Ping値も表示してくれます。

speedtest.net

 

これらのサイトを使って現在の通信速度を測定してから、あまりにも遅いようであれば、プロバイダ変更などの対策を考えていきましょう。

 

光コラボの転用前に!押さえておきたい5つの注意点

光コラボに転用する前に、押さえておきたい5つのポイントがあります。

光コラボ転用で失敗しないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

月額料金が高くならないか?

光コラボに転用すれば、月額料金が安くなると思い込んでいると、結局安くならなかった、高くなってしまったという事態に陥る可能性が大です。

転用先の光コラボの月額料金をしっかりと計算した上で、現在の光回線+プロバイダー料金と比較してみましょう。

キャンペーンやキャッシュバックを利用している場合は、条件を満たすためのオプションへの加入もあります。

オプション加入で月額がどれくらいになるかも、しっかり確かめておきましょう。

 

通信速度の実測はどれくらいか?

転用したい光コラボ業者の実測の速度を調べておきましょう。

速度の実測は、ネット上の口コミを見ればよくわかります。

例えば、Twitter、価格.comの光回線の口コミで確認できます。

 

光コラボ業者のホームページでは、最大1Gbpsや2Gbpsなどと速度が表示されていますが、その数字は理論値でしかありません。

つまり、何の障害もなかった場合の数値のため、実際はそれよりも遅い数値になります。

 

また、上がりや下りのバランスも大事です。

上がりはアップロードの時の速度、下りはダウンロードの時の速度になります。

インターネットの使用用途によって、アップロードとダウンロードの速度のどちらが重要かが変わってきます。

自分のインターネットの使用用途をよく知った上で、上がりと下りの実測をチェックしましょう。

 

光コラボ業者のサポートは万全か?

光コラボに転用する前は、フレッツ光とプロバイダーのそれぞれのサポートに連絡をしていたはずです。

フレッツ光のサポートは充実しているため、接客面も含めて質が高いと評判です。

 

質が高いサポートに慣れていると、転用先の光コラボ業者のサポートの悪さに失望することもあるようです。

あまり必要ないと思われがちなサポートですが、何らかのトラブルが起こった時にサポートがしっかりしていないと大変です。

 

各コラボ業者のサポート内容をホームページで確認した上で、サポート体制についても口コミなどでしっかりチェックしておきましょう。

サポートの体制に対しての悪い口コミでは、接客態度が悪い他に、電話の繋がりにくさも多く寄せられています。

 

解約金はかからないか?

これまで契約していたプロバイダーに対して、解約金を支払わなければいけないケースがあります。

解約金は、解約のタイミングによって発生します。

 

光コラボの転用で月々の料金が安くなったとしても、解約金でお金を取られていては何の節約にもなりません。

光コラボの転用ご検討する前に、今契約しているプロバイダの更新のタイミングを調べましょう。

更新のタイミングに合わせて光コラボに転用をすることで、解約金の発生を防げます。

プロバイダの解約金は業者によって違いますが、大体相場は8000円~1万円程度です。

 

解約金がかからない更新のタイミングがわからない場合は、サポートに問い合わせるか、毎月の料金がわかるマイページなどで確認しましょう。

 

今後、フレッツ光に戻る予定はないか?

光コラボに転用してからフレッツ光に戻るのは、なかなか面倒です。

新規契約で戻らなければいけないので、契約の際に事務手数料や工事費などの無駄な費用がかかってしまいます。

今後本当にフレッツ光を使わないのかを確認してから、光コラボに転用しましょう。

 

 

お得な光コラボでもダメ!こんな電話勧誘には要注意!

 

 

光コラボの実態は、お分かり頂けたと思います。

実態をちゃんと掴んだ上で、電話勧誘の話を聞けば、安易に引っかかることはありません。

さらに、怪しい電話勧誘に引っかからないためには、次の3点を押さえておくべきです!

NTTだと名乗っていないか?

本当の業者名を言わずに、「光プロバイダサポート」「NTTネット回線のサポート」などと名乗っている業者には気をつけましょう。

業者名を言わずにNTTだと思わせるような言い回しには要注意です!

「フレッツ光です。この度、NTT法が改正されたのをご存知ですか?それに伴ってNTTとソフトバンクの提携により回線品質を改善されました。しかも、フレッツ光よりも料金が安いんです!」

このような切り口で電話勧誘があった場合は、まず会社名を尋ねましょう。

 

おいしい話ばかりを言っていないか?

「料金が安くなる」「回線速度はそのまま」「もっと速くなる」「オプション加入でスマートフォンや電話などの料金が格段に安くなる」など、おいしい話ばかりを並べる業者には、要注意です!

さらに、キャンペーンやキャッシュバックで契約させようとする電話勧誘にも、気をつけましょう。

実際にキャンペーンやキャッシュバックがあったとしても、オプション加入や契約期間の縛りなどがあります。

本当にお得なのかは、詳しい話を聞いてみないと分かりません。

かかってきた電話で、すぐに転用を決めるのはやめましょう。

 

非通知でかけてきていないか?

非通知やフリーダイヤルで、固定電話に電話をかけてくる光コラボ業者には、注意しましょう。

特に、非通知でかけてくる業者は、悪徳業者の可能性が高いです。

光コラボの勧誘の電話がかかってきた時は、電話番号もしっかり確認しておきましょう。

電話番号をネットで調べれば、どんな業者なのかがすぐにわかります。

 

 

まとめ

光コラボには、メリットだけではなくデメリットもあります。

また、利用者によってメリットがデメリットになったり、デメリットがメリットになることもあります。

確かに光コラボは、サービスが一本化されて便利になったのに、フレッツ光よりも料金が安い魅力的なサービスです。

その魅力を最大限に活かせるように、光コラボのことをしっかり理解してから検討しましょう。

光回線の速度比較ランキング!一番早いのはここ

光回線を選ぶときに大事なのが速度です。

料金重視で選んで、契約したけど速度が遅いと最悪ですよね!

 

動画やダウンロードが途中で止まってなかなか動かないときのストレスは半端ない!

だから、光回線を契約しよう、乗り換えようと思っている方は必見です!

快適なネット生活を!

 

-回線業者
-, ,

Copyright© 【ぴかりんネット】インターネット光回線比較【速い・安い・安定】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.